風水と家相・方位の深い関係とは

スポンサードリンク

風水と家相の深い関係とは

一般的な意味での風水とは、「地理的な状況」を指している言葉です。

 

「気は風に乗れば散らばり 水に界(へだ)てられれば止まる。古人はこれを聚(あつ)めて散ぜしめず これを行いて止めるあり ゆえに、これを風水という」。

 

一時風水も大流行しましたが、その風水の本質は、あくまでも気を操ることであって、「風」をあやつり「気」の流れを用いることにより、全体の運気までも上げていくというものです。

 

家相とは中国伝来で陰陽五行(おんようごぎょう)説に基づき、家の位置・方角・構造などから、その家に住む人の吉凶を判断する方法です。

 

家相は、日光や風の流れ、大地のエネルギーなど自然の恵みを住まいに取り入れようとする生活の知恵でもあります。また、家相には「〜してはいけない」「〜は凶」「〜はだめ」といったそれぞれの制約による禁止形の指示が、非常に目立っているのも特徴の一つです。

 

 

「風水」と「家相」は同じ部分もありますが、違ったものもあります。
風水と家相の大きな違いについてですが、

 

風水: 気の流れや気の取り入れという視点で家全体を捉えている。
家相: 吉の条件と凶の条件のいずれに当てはまるかを、各部屋ごとに細かく分析・判断を行う。

 

全体としてとらえるか、それとも部分としてとらえるか、という点でも違いがあります。

 

本来の風水ですと、例えば地勢や方位、地脈を重要なポイントとして、家を建てる場所、そして墓を造る場所までもを決めていくものです。
一方、家相ですが、家そのものや敷地を整えていく、というやり方です。

 

家相によって間取り、方位を考えて少しでも良い方向に向かうように決めていくと、自然に陽当たりが良く、風通しも良くなり、結果としてとても暮らしやすい住まいに変わっていき、その安定、平安といったものが家族の安定・繁栄・発展・成功などの幸せへと絡んでいくのです。

 

風水や家相を診断。ということは快適な生活を送るための先人の知恵でもあります。特にそういったものに無頓着な方、気にされない方も多いとは思いますが、一度そのあたりを考慮に入れて、実行に移してみることによって、だいぶ違った感じになってきますよ。

 

中には家相診断を無料で行っているケースもあるのですが、お金を払ってしっかりした風水師にお願いした方が良いです。

スポンサードリンク