風水財布を使い始めて金運アップ!

スポンサードリンク

風水に良い財布を使い始めて金運アップを

風水では、物の色や形などによって気の流れが変わると考えられています。つまり、持っている物によっても、その人の運気が変わってしまうということです。

 

したがって、持っているお財布の形や色によっても金運も左右されるということなのです。これってすごいことだと思いませんか?

 

風水では財布が2年を過ぎると金運が下降する傾向にあるといわれています。使い始めはいいのですが、だんだん金運もアップどころかダウンしてしまうんですね。

 

風水では、同じものを長く使うのはあまり良いとはいわれていません。風水では、財布はお金の家といわれているぐらいですから。

 

表面がかすれていたり、ボロボロの財布を使っていながら金運を上げようとするのはちょっと厳しいかもしれませんね。金運を上げる財布の色なんですが、風水的観点では黄色、白、茶、ベージュ、黒がおすすめです。ピンクを使っている人も案外多いですね。

 

特に黄色は黄金の色を連想させる金の気をもつ色ですので強くおすすめできます。

 

黄色から富裕感をイメージすることで金運の道が開けるものです。それにプラスして金の金具がついていたり、内側の布地が黄色だったりしたら、もう最高の金運の財布です。茶やベージュは貯蓄運を上げる色。黒の財布は今の金運に満足している色です。

 

財布はお札がのびのびできるようなような長い財布を使うと金運がアップしてきます。二つ折りのお札が折れ曲がるタイプは避けた方がいいでしょう。

 

財布の中のレシートやカードなどは常に整理しておいてください。
お金を呼ぶ黄色と出費を抑えるブルーのカードをペアで入れておくと、相乗効果を発揮するはずです。

 

また、お金の入れ方もお札は揃えて下向きに入れるのが常識です。お手入れについてですが、黄色やラベンダー色の布で拭いてください。お財布が喜びます。

 

風水では古くなった財布もすぐに捨てるのではなく、部屋の北東などに置くと、お金を呼び寄せる運気が上がると言われています。さっそくできることから実践にうつしていきませんか。

スポンサードリンク