家相占いについて

スポンサードリンク

家相占い

家相占いって聞いたことあります?
これは字の通り家相を見る占いで、家の位置とか向き、構造や間取りから運の良し悪しを見ることが出来るものなんです。家相占いっていうのは風水の中の一種らしくって、住宅の間取りや方位を重視した占いです。

 

風水っていうのはみんな聞いたことありますよね。「風」をあやつって「気の流れ」を物の位置で制御することで運気をあげていくもの。
ほら、よく玄関は綺麗に!とか、どこの方向に何かを置いて…とかいうものです。

 

家相の基本は「張り」「欠け」「解放」「閉塞」の4つ。この「張り」は吉相、「欠け」が凶相。ほかにも一辺の3分の1以下の張りは吉、一辺の3分の1以下の欠けは凶ってなってます。あとは、窓みたいな解放部は凶、壁になった閉塞部は吉。これらは全て住んでいる人に影響を与えるって言われているんです。

 

家を新しく建てるときやリフォームをする時、あとはお引越しとかもそうだけど、まずはこの基本にあっているかどうかを確認しないといけないですよね。

 

家相占いはその家に住む人が、健康でしあわせに暮らせるようにするために正しい家相かどうかを占うものです。方位でよいエネルギーを家に通して、それを上手く活用することで幸せを呼ぶことができるものなんです。

 

いい家相の家には、やっぱりいい気がたっぷりと入ってきて、いい気の流れがつくられるから、そこに住んでいる人たちも明るくいつまでも健康に暮らせるんですよね。金運も上昇、長生きばっちり、お嫁さんにもいい影響でしっかり発展、栄えていくものです。

 

ということは逆だと悪い家相の家に住んだ場合は、どんどんマイナスの気を吸っていくことになっちゃうからトラブルばかりに悩まされることになっちゃいますよね。

 

やっぱり良い気をたくさんとりこんで、毎日幸せにすごせることが一番ですよね。

家相占いの鬼門

家相占いの鬼門と裏鬼門についてお話するね。鬼門っていうのは、家の中心から北東の方角のことで、表鬼門とか男鬼門って言うんです。

 

それに対して裏鬼門とか女鬼門ってよばれるのは、家の中心から逆の南西の方角になるんです。それで、表鬼門と裏鬼門の中心を通る線のことを、鬼門線っていいます。

 

家相占いではこの方位っていうのが大事で、1つは敷地の中心から判断して、住居がどの方角にあるのかを診断すること。もう1つは、家の中心から判断して、間取りはどうやってとっていけばいいかを判断すること。この2つが中心になります。

 

家相での重要ポイントは、気流や土壌と和合の関係。これがとっても大事なんです。

 

家とかで大気の流れを防いじゃうと、大気はどんどん腐敗してよどんでいっちゃうの。家相では、南西の裏鬼門っていう方位は、汚染された空気が住居内に吸い込まれちゃう場所なんです。

 

そして東北の表鬼門は、このたまった腐敗している空気が出て行く方位って言われてるのね。つまり、表鬼門と裏鬼門は、この腐敗した空気の流れを留めないために通気性を良くする必要があるってことですよね。

 

家を建てるときに鬼門や裏鬼門に、玄関や門、台所、トイレ、お風呂のようなものを配置するのはあまりよくないんです。何故かというと、鬼門に玄関があると陰湿なかたちになった災いがやってくるから。

 

でも立てちゃった玄関は動かせないよね。そんなときは玄関の扉の角度を変えることで災いをさけることができるようになります。

 

良い方向は東北の表鬼門。扉が南西に向いていたら、南・西・北西のどれかに向けちゃえばいいんです。
でも吉相になるって言うわけじゃないことは覚えておいてくださいね。

スポンサードリンク