風水と色、方位方角との関係とは

スポンサードリンク

風水と色との関係について

風水では「××の方向に□□色のものを置くと運気がUPする」といった言い方をよくします。風水では色と方位・方角が密接に結びついて、開運に大きな影響を持つとされています。

 

色は視覚を使うことから、色自体が持つパワーと効果に着目します。風水では、金運アップには西に黄色のものを置くといったように、どういう方位、方角にどういう色のアイテムを置けばいいかを示しています。

 

風水と色の関係では、部屋のインテリア(カーテン・じゅうたん)などの方角と色を自分の上げたい運気の色に変えると、恋愛運、金銭運、仕事運などの運気を上げることができ、その結果として開運につながると考えられています。具体的に、風水的な観点から色のイメージの活用をご紹介しましょう。

 

・赤色は仕事運 健康運などで、これから勝負に出るとき。
・黄色は金運上昇、社交上手になりたい等のとき。
・茶色は落ち着き、家庭円満等を得たいとき。
・青色は仕事や才能など、集中力を培いたい、冷静な判断をしたい等のとき。
・ピンク色は人間関係をはぐくむ 幸運。
 恋愛や結婚願望があるとき。服やアクセサリー、下着などにピンクを使うと良い。
・オレンジ色は対人関係や人気をあげたいなど、人との交流を円滑にしたいとき。
・紫色は高貴な色で、地位や名誉等、ステータスをあげたいとき。
 洋服やアクセサリーなど身につけるモノや、カーテンなどインテリア、オフィスなどに一つは取り入れると良いようです。
・黒色は格を上げる おくゆかしさ 秘密を守る ため込むという意味があり、現状維持や秘密に関する事に。
・白色はこれから何かを始める時とか、リフレッシュしたいとき。財運 人間関係改善 リラックス。
 特に、恋愛においてはピンクと組み合わせて使うと運気アップにつながります。

 

いかがでしょうか。色によっても活用方法や効果など、まるで違ったものになるんですよね。自分の目的、目標とあわせて、風水を役に立てちゃいましょう。

スポンサードリンク