手相占いは当たる?

スポンサードリンク

手相占いは当たる?

よく街頭で手相を占っているというイメージのある手相占いですが、実際に手相占いをしてもらったり、本を見ながら自分で手相占いをした経験のある人は少なくないと思います。

 

手相占いというのは、爪や手の平の線などを見ながら、健康状態や性格、これからの運命や才能などを占うというものです。

 

例えば、感情線はこれまでの喜びや悲しみ、性格などを知ることが出来るとされています
し、頭脳線の場合は運動神経や理性などを知ることが出来るとされています。

 

また生命線は生命力を知ることが出来るとされていますし、運命線の場合は仕事運などを知ることが出来るとされています。

 

それぞれの線の交わり方や太さ、長さなどを分析して、その人のことを判断するというものです。

 

手相占いでは、見えない部分を見るということが奥義とされています。
手相学を極めている人の場合、手相を見ることによって将来的なものやこれまでの過去、考え方や気持ちなども見えるのだそうです。

 

また手相占いをしている占い師によって両手の意味が異なっているとされています。

 

男性であれば右手、女性であれば左手を重点的に見る場合もありますし、右手はこれまで変化してきた性質で左手は生まれ持った性質であるとされています。

 

これ以外にも両手を握ったときに親指が下になるほうの手が生まれたときから決まっている運命、そして上の親指が現在と将来の手相だとされていることもあります。

 

占い師によって手相占いのやり方や捉え方は異なっているのです。

 

基本的には、両手のシワがいっしょの人が多いのですが、中には両手の手相が全く異なっている人もいますが、この場合は限りなく努力をして運命を変えてきたという考え方もありますし、決められている運命を充分に発揮していないという考え方もあります。

 

手相というのは努力や環境、行動などによって常に変化をしていますので、一度手相占いをすれば終わるというものではありません。

 

手相というのは自分次第で良くも悪くも変化しますので常に努力をするようにしましょう。

スポンサードリンク