恋愛,鏡リュウジ,黒い犬,マリア,きつねなど、当たるタロット占いのやり方・方法

スポンサードリンク

当たるタロット占いのやり方・方法

タロット占いとはタロットカードを使用するものです。カードってみているだけで独特の世界があって、心惹かれる部分もありますよね。

 

そのタロットカードですが、どのようにして考え出されたのかは諸説があります。

 

北イタリアで15世紀始めに始まったという説もあるのですが正確ではありません。
タロットカードは現在占いで有名ですが、元々はゲームとして楽しまれていたようです。

 

タロットカードでタロット占いを始めだしたのは18世紀頃とされています。
タロットカードには人物札と数札が58枚、絵札は22枚あり、合計で78枚となっているものが一般となっています。

 

タロット占いでは22枚の絵札が占うために重要となっており、死神や太陽などの絵札があります。

 

カードの絵柄によってタロット占いの結果は異なります。

 

また上下の向きが正しいもの(正位置)と上下の向きが反対になっているもの(逆位置)で意味も異なっているのです。

 

占っている人によってタロット占いででたカードの意味は違っていることもあるみたいです。
ですので占う人自身によってタロット占いの結果は代わってしまうのです。

 

自分でタロット占いをするのであれば、色々な解釈をするようにしましょう。

 

例えば、悪い占いの結果になってしまったとしても、その結果をどのように捉えるのかなどが重要となるのです。

 

そして結果を参考にしてどのようにすれば良いのか考えるようにしましょう。
また深層心理を探るためにタロットカードを利用する場合もあり、評価も良いみたいです。

 

ヨーロッパの心理療法専門家の間では心理セラピーをするためにタロットカードを利用している場合もあるみたいです。

 

恋愛目的でタロット占いをするのであれば、相手を具体的にイメージしていき行うようにすれば参考になるでしょう。

スポンサードリンク