パワーストーンの効果と意味・種類

スポンサードリンク

パワーストーンの効果と意味・種類

パワーストーンを知っていますか?

 

風水では、特にクリスタル(水晶)がよく知られていると思います。

 

そのほかにも天然石には、古くから人の願いを叶える力があると言われています。
その石が持つパワーやカラーの効果で、色々な運気をあげることができます。

 

前述のクリスタルは、クリスタルボールとしてよく販売されていますが、インテリアやアクセサリーとして広く愛用されています。

 

その効果は、クリスタルが持つ特性のまま、太陽の光やエネルギーを呼び込むことができます。

 

大きく運気をあげる石のほかに、具体的にアップさせたい運気に効果的な石があります。

 

簡単な一覧をあげると、次のようなものがあります。

 

恋愛運をあげる石には、ムーンストーン、ローズクオーツ、ピンクオパール、アクアマリンなどピンク系の石が多いです。

 

金運をあげる石には、ルチルクオーツ、クリスタル、タイガーアイなど、やはりゴールド系がいいようです。

 

癒しに効果がある石は、アクアマリン、カヤナイト、アメジストなどがあります。
石によっては相性が悪いこともあります。

 

安易にパワーストーンを扱うことは、おすすめできませんが、それぞれの石の効果を理解し持つことで、自分の運気アップにつながります。

 

近年は、パワーストーンのブレスレットやネックレスなど、お守りとして身につける人が多いようです。

 

また、パワーストーンは持つ人のマイナス運気を吸ってくれるので、定期ごとに石を浄化しましょう。

 

特に宝石は、あなたの手元にくるその過程で色々な人の手を渡るものです。パワーストーンは、最初に浄化の作業を行うのが望ましいでしょう。

 

太陽または月の光にあてる、水に浸しておく、ハーブや線香の煙をあてるなどの方法がありますが、石によって浄化方法は異なるので、注意してください。

スポンサードリンク