風水での子供部屋の配置、色について

スポンサードリンク

風水での子供部屋の配置、色について

子供部屋を風水で考えてみましょう。
長時間過ごす子供部屋の環境が、感受性の豊かな子供に与える影響は、小さいものではありません。

 

色や配置が与えるパワーが子供のためになるのなら、実践してみる価値はありそうです。
まず、子供部屋の方角ですが、西側は避けたほうがいいといわれます。

 

西日が差す部屋は、子供のやる気を削いでしまいます。
逆に、東は上昇する太陽のエネルギーにあふれる部屋といえます。

 

次に部屋のレイアウトですが、整理しやすい工夫が必要です。
おもちゃなど煩雑しやすい部屋です。
できるだけ子供自身が片付けやすく、掃除しやすくしましょう。

 

押入れなどを利用し、収納を大きくとりましょう。
また、テレビやゲームなどは置かないほうがいいでしょう。

 

机の位置は、部屋の入り口から見える位置がいいでしょう。
ですが、真後ろに出入り口がくる配置は、よくありません。

 

背後からの目線は落着きをなくし、精神的にもよくありません。
机の方角は、学力が伸びやすい東向きか、静かに勉強に集中できる北向きがいいです。

 

ベッドは、東に枕が向くようにしましょう。
また、北向きでもよいとされています。

 

日本では北枕は縁起が悪いとされていますが、風水では北は安静や静寂などとされ、安眠効果があるとされます。

 

ベッドの下を収納に利用する人も多いと思いますが、気の流れる空間でもあります。
ほこりが溜まりやすくなり、子供の健康面にもよくないので、何もおかないほうがいいでしょう。

スポンサードリンク