風水から見たインテリアの色、配置とは

スポンサードリンク

風水から見たインテリアの配置とは

最近、風水を視野に入れてインテリアを選ぶ人が増えてきています。自分の部屋のインテリアに風水の色の考え方で配置して、快適な居住空間を演出することも可能となっています。

 

女性の方、ワンルームの方でも簡単にできます。恋愛運、仕事運、勉強運も変わってきますから、ぜひ取り入れたいですね。

 

インテリア風水を実践するうえで一番大切な場所、それは玄関です。運気は玄関から家の中に流れるようにして入ってくるといわれています。

 

玄関はいつもピカピカに整理整頓しておくことが大切です。一般的には、「陽宅」と呼ばれていて、家の中の空間をより良い状態に導き、そこに住む人の運気をパワーアップさせることができる方法です。

 

例えば有名な例ですが、金運をつかさる西方位に風水グッズを置くことでと金運アップにつながるといわれています。 黄色系や白色、金色などをまとった物である生花、パワーストーン(クリスタル・クォーツ、シトリンといったもの)、絵画、ポスター、も金運アップにつながるグッズです。

 

花を飾る場合は、ドライフラワーはやめましょう。パワーのある生花を飾るのがよいとされます。風水からみたインテリアとして鏡は開運・厄除けとしても大切なものです。

 

鏡には、「悪い気を跳ね返す」という意味を持っています。部屋の入り口を開けたら鏡が正面に映るような状態は避けてください。あとは色がパワーを持っていて、色が持っている効果をミックスさせてさらなる開運を考えています。

 

「家庭運・安定運」は茶色です。
「金運・社交運」は黄色です。
「仕事運・勝負運」をあらわすのが赤色です。
「恋愛運・結婚運」をピンク色です。
「対人運・人気運」はオレンジ色です。

 

色にも意味があっておもしろいですよね。この色のパワーに加えて、方位などを関連付けて運気がアップするようにします。

スポンサードリンク