風水での鏡の位置、向き、置き場所

スポンサードリンク

風水での鏡の位置、向き、置き場所

風水で鏡は、「水」をあらわします。
鏡の他には、ガラスまたはガラスの置物、クリスタルの小物、水槽などがあります。

 

鏡は気の流れをさえぎったり、気の向きを変えたりできるもので、置き場所を間違えなかったら便利なアイテムです。

 

鏡の配置でおすすめの方角は、西です。
西は金運や恋愛運を上げる方位でもあります。

 

また、鏡のパワーを助長するアイテムに、花や観葉植物があります。
一般的に、リビング、子ども部屋など部屋の入り口に鏡は配置しない方がいいでしょう。

 

また一つの部屋に複数の鏡もよくないことです。
特に、対角上に向かい合わせになる配置も避けてください。

 

次に、部屋ごとの鏡の配置です。
寝室の場合、インテリアとして鏡を置くのは、あまりよくないとされています。

 

特に、寝姿が写りこむ位置や、ベッドを写すのも運気を下げてしまいます。
身だしなみに使うドレッサーを置くとしても、むき出しの鏡は避け、カバーで覆ったり折りたためたりするタイプがおすすめです。

 

玄関での鏡の置き場所は、正面を避け、左右どちらかにおきましょう。
また、鏡のタイプによって風水の効果が違います。

 

縦に長い姿見の鏡は、トラブルを回避し物事をスムーズに運ぶ運気を持ちます。
横に長いタイプは、心を落ち着かせる癒しの働きがあります。

 

楕円形の鏡は、女性におすすめで、対人関係がよくなります。
また、近年は開運のための八角形や丸型、動物などをあしらった鏡などがあります。

 

姿を写したとき、頭部が切れないような大きさにしましょう。
頭部が入らないときは、配置に工夫してみましょう。

 

鏡のフレーム素材としておすすめなのは、天然素材の茶色やアイボリー色がいいでしょう。

スポンサードリンク